目立つことなく歯並びをキレイにする│人気の舌側矯正

インプラントの流れ

医療器具

歯がないと何かと不便ということで、最近では横浜市に住んでいる多くの人がインプラント治療を受けています。インプラント治療とは、あごの骨に歯の根っこにあたる歯根の代わりになるものを埋め込みます。埋め込んだ歯根の上から人工の歯を被せて終わりです。この治療ではあごに直接埋め込むので、歯が揺れて動くことがありません。ですから、食事も問題なく行なうことができて、喋る時にも違和感なく人と話すことができます。このことからインプラン治療で埋め込んだ歯は、第二の永久歯と呼ばれるようになっているのです。横浜市にある歯医者では、患者さんの検査やカウンセリングを行ない、患者さんに合った治療を提供します。患者さんにしっかりと説明して納得したうえで治療を行ないます。骨に歯根を埋め込む前に、虫歯や歯周病などの病気がある場合は先に病気の治療をしないといけません。口の中の衛生状態が悪い状態でインプラント治療を行なってしまうと、埋め込んだ周辺に炎症を引き起こす可能性が高いです。そのようなことになってしまうと、一度に多くの病気を治療することになるでしょう。そのようなことになる前に横浜市の歯医者では、手術より先に口の状態を整えることが先になります。インプラントの手術は、骨に埋め込んだ部品が骨に定着するのに半月程時間がかかります。その間に仮歯を装着して、仮歯を装着しての噛み合わせや、使用している時に違和感があるのかを調べて人工歯を作成します。人工歯が完成したら仮歯を外して、人工歯を装着してひとまず治療は終了です。後は定期的にメンテナンスを行なって、違和感なく使用できるように調節をします。そうすれば普通の歯と同じように使用することができるのです。横浜市にある歯医者ではこのような流れで、インプラント治療を行ないます。